スタイルがズレているのはスキンのリファクタリング中だからです。

GitHubでリポジトリを新規作成する

この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

作成ページへ移動

ログインしたら、左上の緑色ボタン「New」を選択します。

Create Repository 1

必要事項を入力

テキストボックスに必要事項を入力します。

Create Repository 2

Repository name

リポジトリ名です。
入力した名前がそのままURLにもなるため、自分の既存のリポジトリと同じ名前は付けられません。

登録後の変更も可能ですが、変更するとURLも変更されます。

なお、URLは「https://github.com/ユーザー名/リポジトリ名」でアクセスできます。

Description

リポジトリの概要です。
空欄でもリポジトリ作成はできます。また、後から変更もできます。

Public/Private

リポジトリの公開範囲です。

Public全員がアクセス可能
Private自分のみアクセス可能

PrivateではWikiの使用が出来ないなど、制限があります。

Initialize this repository with a README

「Readmeファイル」を作成するか設定できます。
作成する場合はチェックを入れてください。
また、後から作成することもできます。

Add .gitignore

カテゴリーの選択です。
後から変更できます。

Add a license

ライセンスの選択です。
選択したライセンスファイルが自動で作成されます。
後から変更もできます。

入力が終わったら、下の緑色ボタン「Create Repository」をクリックして終了です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました