WordPressを強制終了させるソース

must not doWordPress

このソースを「functions.php」に記述することでWordPressを強制終了させることができます。

ソースコード

このソースをテーマの「functions.php」に追記します。
2種類用意しましたが、どちらでもOKです。お好きな方をどうぞ。

function do_exit() {
  exit;
}

add_action('after_setup_theme', 'do_exit', 1);
function do_die() {
  die;
}

add_action('after_setup_theme', 'do_exit', 1);

実行結果

ページには何も表示されません。

からくり

このソースのからくりです。

「exit」「die」とは

exit; // 出口の意味
die; // 死の意味

「exit」「die」の意味は同じで、PHPを強制終了させる言語機能です。
詳しくは、PHPの公式マニュアルを見てください。

PHP: exit - Manual

after_setup_theme

add_action('after_setup_theme');

このソースを見ると分かる通り、「after_setup_theme」はWordPressのアクションフックです。
このアクションフックは、WordPressが起動してテーマが読み込まれた後に実行されます。

まとめ

このソースは、WordPressが起動して、テーマが読み込まれた後に、「exit」「die」を使ってPHPを強制終了させるプログラムです。
WordPressはPHPで動いているため、PHPを終了させるとWordPressも終了する訳です。

ひとこと

普通は使わないと思いますが、一応紹介してみました。

ちなみに、WordPressには「wp_die」関数があります。
機能はPHPの「exit」「die」と同じです。呼び出すとWordPressが強制終了します。

関数リファレンス/wp die - WordPress Codex 日本語版

コメント

タイトルとURLをコピーしました